高血圧の原因としては、いろいろなことが考えられます。良く知られているのが塩分の摂り過ぎですが、これ以外にもストレスや肥満、運動不足、加齢による血管の老化などが挙げられます。そして、そのような原因の中には「遺伝」も含まれています。

明らかな異常が発見されないのに高血圧である場合は、「一次性高血圧」と呼ばれ、この病気の患者の9割程度がこの種類であると言われていますが、このような場合の原因の1つが遺伝ということになります。ですから、両親を始め、高血圧の多い家系の場合には、一般の場合よりもこの病気にかかる可能性が高くなると考えられるので、普段から注意して高血圧になりにくいような生活をするように心がけることが大切です。

高血圧と遺伝との関係については、これが決定的な原因になるという遺伝子因子の発見は行われていませんが、血圧の上昇に関係があるとされている遺伝子因子がアンジオテンシノーゲンです。この遺伝子因子は主に肝臓で作られますが、その他に脂肪細胞でも作られます。そして、内臓脂肪が増えると、脂肪細胞からの分泌が高まって、血圧上昇作用を持つとい言われるアンジオテンシンという物質を増やすことになり、この結果、血圧が上昇することになります。

以上のように、高血圧と遺伝との関係では、この病気になりやすいアンジオテンシノーゲンを遺伝子として受け継ぐことで、高血圧になる可能性が高くなると考えられます。ただ、アンジオテンシノーゲンは高血圧そのものではなく、あくまでも引き起こしやすくなるという物質なので、これがあっても生活習慣などに注意すれば、この病気にならない可能性は十分にあります。

また、両親がこの病気でなくても、肥満型の体型である場合は、肥満しやすい体質が遺伝することが考えられますが、肥満も高血圧の原因の1つとされています。肥満になると、心臓から送り出す血液の量が増え、血管の内圧が上がることで血圧が上昇してしまいます。そのため肥満の遺伝子を持っていると考えられる場合は、肥満にならないように注意すると同時に、高血圧にならないような規則正しい生活習慣や減塩を考えた食事メニューなどを取り入れることを心がけると良いでしょう。以上のように、高血圧では遺伝的な要因がかなり影響することが考えられるので、自分の場合にはこの病気や肥満の遺伝子を受け継いでいるかどうかということを普段から良く考えておくことをお勧めします。

両親共に高血圧だと子供が高血圧になる可能性は?

高血圧には遺伝が関係していると言われていますが、両親共にこの病気である場合、子供が高血圧になる可能性は50%程度で、また、どららかの親がかかっている場合は、25%~35%とされています。これに対して、両親のどちらもこの病気でない場合に子供がかかる確率は、10%未満となっています。また、この病気で遺伝が原因となっている場合の特徴として、子供もかかりやすいということがあります。高血圧は大人に多い病気とされていますが、このように子供がなる場合もあるので、子供だからこの病気になるはずはないと決めつけずに、親がかかっている場合は子供のときから検査を受けたり、生活習慣の改善に力を入れることが大切と言えます。

以上のように、大人も子供も遺伝的な原因でこの病気にかかる可能性があるので、特に親がこの病気である場合は、自覚症状がなくても普段から自宅でも血圧を測る習慣をつけて血圧が正常かどうかを常にチェックしておくと良いでしょう。また、そのような家系の場合に、特にどんなことに注意したら良いかということは、この病気を専門に診ているような医療機関に相談してみると、食事などに関する生活上のアドバイスを受けられるので、参考になるはずです。